logo

ザウォーカー 映画 評価

この作品はウォーカーの作品中で最も評価が高く、優秀な恐怖・ファンタスティック映画賞に贈られるサターン賞において、『オーメン』(1976年)、『キャリー』(1976年)、『愛のメモリー』(1976年)、『悪魔の沼』(1976年)、ダン・カーティス監督の. 年間300本の映画を見る者が、新旧作品やオススメ映画を紹介 トップ ザウォーカー 映画 評価 > おすすめ作品 > 北斗の拳に似てる! 文明崩壊後のアメリカ「ザ・ウォーカー」感想・評価おすすめ映画. 2 くらいの評価を得ている作品。 視聴者は荒廃した世界で生きることの難しさと希望を失った人間の狂気を体験し、おじさんの配達の無事を願う。.

ザ・ウォーカーの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。ジョエル・シルバー製作、デンゼル. 「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に一冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へと運ぶ謎めいた男の姿を、ハードなバイオレンスとスタイリッシュな映像で. 「ザ・ウォーカー」の解説、あらすじ、評点、49件の映画レビュー、予告編動画をチェック!あなたの鑑賞記録も登録できます。 - 「サブウェイ123 激突」のデンゼル・ワシントンと「ダークナイト」のゲイリー・オールドマン共演のサスペンスアクション。文明崩壊後、世界に唯一残された本を. フランス版「top gun」と言える映画作品が、『ナイト・オブ・ザ・スカイ』(年フランス制作)である。 この映画は、さすがに、フランス空軍の全面協力で撮影されただけあって、CGやVFXでの映像に見飽きたファンにとっては、たまらない空中撮影シーン. 解説 世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション. ザ・ウォーカー 個人的感想・評価.

ザ・ウォーカー dvd ザウォーカー デンゼル・ワシントン (出演), ゲイリー・オールドマン (出演), アルバート&アレン・ヒューズ (監督) & 0 その他 形式: DVD 5つ星のうち3. See full list on hm-hm. 建物の中でイーライは男達に襲われます。瞬く間に男達を倒していくイーライでした。イーライの腕前にカーネギーが本の捜索を依頼します。 先を急ぐイーライは依頼を断ります。一晩だけ泊まっていくように強制されます。夜になってカーネギーはソラーラという女性をイーライの機嫌取りに向かわせます。 イーライはソラーラの体を拒みます。母のクローディアがカーネギーに殴られる事から、抱いたことにしてほしいとソラーラは頼みます。クローディアは生まれつき、目が見えませんでした。 聖書を読んでいるイーライはソラーラと食事をする前にお祈りをします。翌朝、ソラーラがカーネギーの所に戻ってイーライのお祈りを真似します。 その事でイーライが聖書を持っていることに気づくカーネギーでした。カーネギーは世界を支配するために聖書を探していたのです。. ザウォーカー 映画 評価 「ザ・ウォーカー」は気楽に見られるアクション映画といえなくもなかったが、こちらはかなりハードだ。 背景世界も父子の予想される運命も絶望感に溢れ、二人の旅の過酷さは比較にならない。なんといってもこの父親は特殊能力も戦闘力もないただの男。. 「kaku」さんからの投稿 評価 ★★★★★ 投稿日. 皆さんこんにちは! 映画考察を書き始めるまでがどうしても長くなってしまう伊達あずさです。 いきなりですが、今回紹介する映画は・・・ 「ザ・ウォード 監禁病棟(john carpenter&39;s the ward)」です。. ザ・ウォーカー(字幕版) ( 2,541 ) IMDb 6.

評価:3 星評価. 総合評価3点、「ザ・ウォーカー」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。 P. 映画レビューサイトで ★3. /4/9; ライフスタイル; © alcon film fund, llc. 評価 ★★★★★ 投稿日.

★★★★ザ・ウォーカー. 『ザ・ウォーカー』(原題: The Book of Eli)は、年のアメリカ映画。製作には『マトリックス』シリーズで知られるジョエル・シルバーが参加している。邦題は劇中で町で文明的な生活を送っていると自慢するカーネギー一味の人間が、主人公イーライが町. 『ザ・ウォーカー』は年の映画。『ザ・ウォーカー』に対するみんなの評価やクチコミ情報、映画館の上映スケジュール、フォトギャラリーや. 世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス.

年公開のポストアプカリプス(終末後)作品「ザ・ウォーカー」を鑑賞した。 改めて見ると、本作は割と娯楽色の強い作品だが、考察し該のある深みのある作品でもあるので、思いっきり考察してみる。. 自分が見た映画の中でエピソード5が最高傑作だった。 1~9まで見て、本当にこんな形でスカイウォーカーの物語が終わってしまうのかと思う。 パルパティーンはどうやって生き延びた? てか何で復活させた?. 世界は戦争によって荒廃していました。略奪や殺人など無秩序と化しています。戦争は雲を無くし、大量の紫外線を人々に与えました。そのため、影や地下に避難していた以外のほとんどが死に絶えます。 イーライはウォーカーと呼ばれていて、神から授かった宿命のため西へと30年間歩き続けています。彼は戦争後破棄された聖書をもっている唯一の人物でした。世界にたった一つの聖書です。この聖書が原因で戦争は起こりました。 イーライは毎日欠かさず聖書を読んでいました。奪おうとしてくる者がいれば容赦なく殺していきます。 ある日、複数の男達が旅人を襲います。旅人から本とシャンプーを奪った男達はボスのカーネギーの所に持っていきます。 その頃イーライは複数の男達が向かった街に到着していました。貴重なウォークマンの充電を店主に頼みます。 向かいの建物では水が手に入ると聞いたイーライは物と交換で頼みます。そして複数の男達の一人がいちゃもんをつけてきます。. 日本のアニメーション映画『akira』の実写化があると 聞いて、しかもその監督が、この「ザ・ウォーカー」の ヒューズ兄弟監督が制作すると聞き、観たしだいでありまする。 akira 正直な話、akiraの実写化は大反対です。 ザ・ウォーカーは確かにいい作品.

See full list on eiga-watch. カーネギーの手下に囲まれるイーライでしたが、銃で応戦して無傷で街から出て行きます。クローディアから守ってもらいなさいと言われたソラーラはイーライの後をついていきます。 旅が辛いことからソラーラを置いていくイーライでした。諦めきれないソラーラが歩いていると、男達に襲われます。イーライが助けてくれて、一緒に旅をすることになります。 カーネギーは手下を連れて車でイーライを追いかけます。日が沈んで翌朝からの捜索に変更します。 野宿をするイーライは聖書を読んでいました。中身を見せてほしいというソラーラでしたが、イーライは断ります。 イーライ達は翌朝目が覚めて歩いていると家を発見します。中に入ろうとすると罠で落とし穴にはまります。 住人の老夫婦に事情を説明するとお茶を入れてくれます。老夫婦は強盗を追っ払っては食べていたことにイーライは気づきます。この家から逃げようとすると、カーネギー達がやってきます。 銃撃戦の末、老夫婦は射殺されます。ソラーラは捕まり、イーライは聖書を奪われます。そしてカーネギーにイーライは撃たれます。. テンゼル・ワシントン主演。 滅びた世界で生き抜いた男が西を目指し歩いていく。 こういう世界観はかなり良い。 此の俳優にしては変わったジャンル選んだなと思ったが、内容見て納得。 宗教臭さはあるが、面白かった。.

ザ・ウォーカー上映期間、ザ・ウォーカーの興行成績、ザ・ウォーカーに出演の俳優などがみれる映画ポータルサイトです ザ・ウォーカーの製作秘話、エピソードなども口コミにて募集、どんどん書き込んでください。 ザ・ウォーカーのBGM、オープニング. 7 2,477個の評価. ザ・ウォーカーの映画レビューを投稿する. 『ザ・ウォーカー』は、オープニングの狩りのシーンからどこか腰のすわりの悪さを感じる不穏なつくりの映画である。 だがそれは巧妙に仕掛けられた伏線であることが、そのうち観客にもわかる。. 映画評価 ザ・ウォーカー原題:The Book of Eli監督:アルバート・ヒューズ アレン・ヒューズ脚本:ゲイリー・ウィッター撮影:ドン・バージェス. カーネギー達に連れていかれたソラーラは運転手の首を絞めて車を横転させます。そして追ってきた別の車に手榴弾を投げて爆破します。 車を乗っ取ったソラーラはイーライの元へ向かいます。カーネギーはガス欠の心配から街へ戻ります。 イーライはその場にいませんでした。お腹から血を流しながら歩いていたのです。ソラーラの車に乗って西へと向かいます。 ついにイーライ達はアルカトラズという街に到着します。ここでは文明の復活を試みていました。そのため、印刷機も復活していました。 イーライは聖書を置く場所にふさわしいと判断します。そして書く物と紙を大量に用意して欲しいと頼みます。 ザウォーカー 映画 評価 イーライは聖書を読み上げていきます。彼は聖書の内容を全て暗記していたのです。 ザウォーカー 映画 評価 カーネギーが鍵のかかった聖書を、こじ開けて読もうとします。しかし、聖書は点字だったのです。クローディアに読むように頼みますが、点字の読み方を忘れたと言います。 建物には大勢の部下を失った事から、不満を抱いていた人達が暴れ出していました。カーネギーは終わります。 イーライは聖書を全て読み上げて亡くなります。ソラーラは街に留まらず、イーライの武器を持ってウォーカーとなります。ソラーラが歩き出してエンディングとなります。. 「ザ・ウォーカー」に対するレビューを読めます. ザ・ウォーカー のユーザーレビュー。映画を見るならレビューをチェック!ストーリーや演出などの評価もあります。.

ザ・ウォーカー()の映画情報。評価レビュー 1293件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:デンゼル・ワシントン 他。 世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じる. ザ・ウォーカー評価 : ★★★★☆あらすじ核戦争後の未来の話。世界は荒廃し、荒くれ者が容赦なく弱者から奪うまるで北斗の拳のよう。水が圧倒的に枯渇しているため、水のありかを知るものが権力を握る。主.